誰にでも簡単に出来る!水耕栽培(再生栽培)のやり方、ステップ順に解説!

水耕栽培の部屋 開墾日記

身近な物で簡単な水耕栽培(再生栽培)をやってみよう!

水耕栽培(再生栽培)のやり方~詳細ガイド
水耕栽培は、土を使わずに植物を育てる方法であり、家庭でも簡単に始められるため、初心者にも人気があります。

この記事では、水耕栽培の基本的なやり方から、具体的な再生栽培の方法まで、詳しく解説します。

1. 水耕栽培とは?

水耕栽培は、植物の根を水や養液に浸して育てる栽培方法です。

土を使わないため、清潔で管理がしやすいのが特徴です。

以下は、水耕栽培の主な利点です

清潔で虫が少ない
土を使わないため、虫や病気の発生が少ない。

省スペース
コンパクトに設置できるため、家庭の小さなスペースでも始められる。

水道水でもOK
水は水道水でも充分に野菜は育ちます。

 

2. 水耕栽培に必要な道具

水耕栽培を始めるには、以下の道具が必要です

容器
植物の根を浸すための容器。

養液(肥料液)
植物に必要な栄養素を含む養液。

野菜の切れ端
普段自炊で使う野菜の切れ端(主に根っこの部分)。

3. 水耕栽培の基本的な手順

容器の準備と水
容器に水を張ります。

野菜の切れ端を水に浸ける
水を張った容器の中に野菜を浸けます。
水は深すぎず、浅すぎず、根っこに水が浸かる程度でOK

容器を日当たりの良い場所に置く
窓側に水耕栽培の容器を置きます

レタスの再生栽培
切り株の準備:レタスの根元を約2~3cm残して切り取ります。
水に浸す:切り株を水に浸し、日当たりの良い場所に置きます。

ニンジンの再生栽培
切り株の準備:セロリの根元を約1~2cm位残して切り取ります。
水に浸す:切り株を水に浸し、日当たりの良い場所に置きます。

5. 再生栽培のポイント
光の確保:再生栽培でも光は重要です。十分な自然光が当たる場所に置く事が大事。

まとめ
水耕栽培(再生栽培)は、初心者でも簡単に始められる魅力的な栽培方法です。

必要な道具を揃え、基本的な手順を守れば、家庭でも新鮮な野菜やハーブを楽しむことができます。

再生栽培を取り入れることで、使用済みの野菜を無駄にせず、新たな生命を育むことができます。

ぜひ挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました